最初にしておくべき借入金利の確認

お金を借りる場合、まず気になるのは自分がいくら借りることができるのかという点です。借入の限度額を知り、これだけ借りることができると知った場合、最初にしておくべきことは借入金利の確認です。

銀行系のカードローンや大手消費者金融のカードローン、そして、ノーバンク系のカードローンなどでは借入金利に違いが見られます。銀行系の場合には借入金利が低く設定されており、大手消費者金融に比べれば数%の違いが見られます。年間にして数%違うというのは長期的な返済を想定している場合には大きな違いとなり、最終的には10万円以上の返済額の違いとなっていきます。

大手消費者金融と中小の消費者金融でも違いが多少見られます。法律で決められている限度の借入金利に設定してあるところもあれば、経営努力を重ね、少しでも借入金利を低く設定しているところもあります。

お金を借りることになった場合、借入金利の設定は重要であり、ちょっとの違いで毎月の返済額は変わっていきます。同じ50万円の借入でも、別のところでは最低返済額が2万円なのに、別のところではそれ以下で返しても大丈夫ということがたびたび見られます。そういう点で考えれば銀行系のカードローンはとてもお得に利用することができますが、気をつけておきたいこととしては多少審査が厳しい点にあります。例えば、働き始めて間もない人などは場合によって審査が下りない可能性も考えられます。

どうしてもその日のうちに借りたい場合、何度もチャレンジするうちに、他の金融機関ならスムーズに借りることができたのに結果として何度も審査で落ちてしまい、その後はどこでも借りられないという可能性も十分に考えられます。借入金利を確認することと、その審査基準がどうなっているのかも合わせて確認することが求められます。そして、どれだけの期間、お金を借りるのかについても事前に計画をしておくことも大事になっていきます。