銀行や消費者金融の借入審査はどのような点がチェックされる?

日々の暮らしの中では思いがけないタイミングでお金の必要性に見舞われることは非常に多いものです。月末の給料日前に生活費が不足してしまったり、急に仕事上の付き合いで飲み会や接待が入りお金が必要になったり、あるいはショッピング中に思わずお気に入りのブランドものを見つけて手に入れたくなったりすることもあるでしょう。こう言った時にもしも手持ちのお金では対応できないならば、銀行や消費者金融を活用して手軽に借入契約を結ぶと便利です

これらの金融機関や金融業者の借入には様々な手法がありますが、キャッシングやカードローンなどの審査が簡単でスピーディーなものからおまとめローン、目的別ローン、不動産担保ローン、事業者ローンに至るまで、借入金額によって審査の厳密度も高まっていくこととなります。

キャッシングやカードローンならばネットや電話、店舗窓口、郵送、自動契約機などを活用して必要事項を先方に伝えると、申請内容の確認と信用情報機関への照会によって過去の借入や返済履歴に問題がなかったかをチェックされます。さらに消費者金融では総量規制により年収の三分の一を超える融資は行えませんので、他社からの借入がその上限に達していないかどうかも確認されます。

さらに勤務先にも在籍確認の電話が及び、申請者本人がそこに勤務している事実を確かめます。これらに問題がなければ、金融業者それぞれの審査基準に応じて融資の可否を判断し、なおかつ個人の収入や信用度に応じて与信の幅が決定されます。つまり幾らまでを限度額として借入できるかの金額が算出され、申請者本人に通達されるのです。

一方、おまとめローンや目的別ローン、不動産担保ローン、事業者ローンなどに及ぶと、借入金額も増えることから金融業者が利用者に求める信用度もさらに高まります。収入や信用情報、返済計画、不動産や事業に関する精査などに至るまで時間をかけて入念に行われますので、最大2週間ほどの時間を要する場合もあります。それらの時間を差し引いた上で早めに準備に着手しておくことが望ましいでしょう。