イーサリアムという仮想通貨について考察

チャートはZaifから引用

イーサリアムとは

イーサリアムという仮想通貨について勉強してみました。イーサリアムは決済手段だけではなくスマートコントラクトとういう興味深いプログラムが組み込まれています。イーサリアムはブロックチェーン上に取引記録だけではなく契約情報を記録して実行まで可能な機能があります。

「お金を貸して1年後に返す」のような契約情報もブロックチェーンに記録することにより不正がなくなり、これまで信頼できる相手を探す必要があったが、その手間もなくイーサリアムのスマートコントラクトが全てやってくれるのです。

そもそも「スマートコントラクト」の直訳は、賢い契約という意味で、それまで人の手で面倒な取引を行っていましたが、自動化されるので両者にとって負担が減るのです。

Dappsとは

イーサリアムはスマートコントラクトの他に大き特徴があります。それはイーサリアムのブロックチェーン上に分散型アプリを載せることが出来る機能です。アプリ開発者がサーバーを用意する必要がなく、さらにGoogleやアップルなどの仲介役もいらないので、純粋な売上高をもらうことが出来ます。

イーサリアムはICOにも使われている

ICOとは仮想通貨を使った資金調達だが、最初はビットコインが採用され、世界から集められていました。しかしビットコインが徐々に取引量が多くなるにつれ、送金詰まりを起こしたため問題になりました。

次に選ばれたのがイーサリアムです。イーサリアムは独自トークンが作りやすい仕組みからICOや新しい仮想通貨を開発するのにイーサリアムのブロックチェーンが利用されることが多くなり、イーサリアムの取引が増えていったのです。

まとめ

今後もイーサリアムはDappsやICOで活躍していくのが予想できます。最近ではwavesやLISKなどイーサリアムと構想が似ている仮想通貨もありますので、どこが一番注目を集めるかは楽しみです。