ビットコイン購入はZaifにしました!マイナス手数料は魅力的

なぜZaifでビットコイン購入を決めたのかというと、上の画像通りの「マイナス手数料」が決めてである。こんなサービスを行っているのは国内外でもなかなか無いし、どう考えても他の取引所よりお得である。ビットコインFXであれば取引量が多いbitFlyerを使うべきだろうが、現物取引ではZaifを選択すべきです。

全てが板で取引できる

Zaifは販売所の機能もあるが、基本的には取引所の板を使った方が手数料が安く済むのである。ユーザー同士で取引できる「板」ははじめ使い方が難しく感じる方も少なくないだろう。自分で細かい注文を出すため、初心者にはわかりにくい。購入したい価格を入力し、数量を入れて注文を出す。まさにオークションのようなシステムに似ている。売りたい人と買いたい人の価格をマッチングさせて、売買が成立している。または価格は気にしないから安い価格から順番に欲しい数量をすぐ買えるという「成り行き注文」という方法もある。希望の価格で買いたい場合は多くのユーザーが使う「指値注文」という方法。

取扱い仮想通貨が多い

Zaifは主要通貨は5種類と少なめだが、トークンというものも売買が可能である。Zaifトークンをはじめとし9種類のトークンを取り扱っているため投資の幅が広がるメリットがある。1点集中で投資も個人的には悪くないと考えているが、リスク分散のためには分散型投資はしておきたいところです。Zaifトークンは運営元のテックビューロ株式会社が開発したトークンであり、ICOのために用意したCOMSAトークンと交換できる仕様だ。

まとめ

ビットコイン購入するだけで大分調べてしまった。というのも仮想通貨にどっぷりハマってしまったからである。好きになると調べるのも苦ではなく、むしろテンションが上がって楽しい。ビットコインを買うならZaif!となった理由として一番参考になった仮想通貨ドリームさんの”ビットコイン買うならどこ?ビットコインを1,000円から買える最大手はココだ”の記事がとてもよくまとまってました。記事の内容にあるように初心者はbitFlyerでも問題はないです。私も実際に使ってみて、これはいいアプリ設計をしてるな思ったし、シンプルな作りが初心者に向いていると感じました。PC操作が少しでも得意な方はZaifからはじめても問題はないでしょう。多少、買い方などは勉強する必要はありますが1時間も触っていれば理解できる程度なので使って欲しい取引所です。

ビットコインキャッシュについて

ビットコイン投資を強く考えていたが、銘柄を調べていくうちに「ビットコインキャッシュ」なる仮想通貨があることを知りました。今回はビットコインキャッシュについて詳しく調べたことをメモ代わりにまとめましたので参考にしてください。

ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂した仮想通貨です。大きな違いはブロックサイズで、ビットコインの約8倍の8MBの容量があり、さらに32MBまで拡張もできる。2017年のビットコインは取引量は膨大になりパンク寸前で、送金づまりを起こしました。

この送金詰まりを解消しようとして「ビットコインをアップデートしたい派」と「ハードフォークして問題を解消する新たなビットコインを作る派」の2つに意見が別れました。結果として2017年8月1日にビットコインキャッシュが誕生したのです。

ビットコインはsegwitという容量を増やす手段を取りましたが1MBが約1.7MBに増えるだけのものであり、利用率も1割り程度と低いのが現状です。

引用:BCH公式サイト

開発元は複数のチームが存在し、主なチームはBitcoin.ABCが行っています。開発者まで分散型というのは好印象です。

ビットコイン保持者は棚ぼただった?

ビットコインキャッシュが誕生したときに、ビットコイン保持者に対して同数のビットコインキャッシュが配布されるという事が起きました。上場後は10万円近くの価格が付き、強い売りが入り価格は3万円前後まで下落しましたが、仮想通貨全体が盛り上がった2017年11月からは上昇気流に乗り、40万円という最高価格を記録しました。2018年3月では約10万円前後の価格を推移しており、アルトコインとしてはビットコイン価格の次に、高価な仮想通貨として支持を得ています。

ビットコインキャッシュのメリット

ビットコインキャッシュはイーサリアムのように契約は記録できません。しかし、決済手段として世界で使われる仮想通貨を目指し各地でミートアップを行っています。最近ではHandcashというアプリを第三者が開発しており、スマートフォンで簡単にビットコインキャッシュの取引が出来たり、SMSでもビットコインキャッシュが送金できたり、アジアやアフリカなどの発展途上国をターゲットにしている。

最大のメリットは送金手数料が安いということです。ビットコインキャッシュは、リップルやモナコイン同様に送金手数料は安く、1円以下の手数料で国際送金が行えます。今後もビットコインキャッシュのコミュニティや発表は気にしていくべきであり、投資対象としても常に考えていくべきです。

イーサリアムという仮想通貨について考察

チャートはZaifから引用

イーサリアムとは

イーサリアムという仮想通貨について勉強してみました。イーサリアムは決済手段だけではなくスマートコントラクトとういう興味深いプログラムが組み込まれています。イーサリアムはブロックチェーン上に取引記録だけではなく契約情報を記録して実行まで可能な機能があります。

「お金を貸して1年後に返す」のような契約情報もブロックチェーンに記録することにより不正がなくなり、これまで信頼できる相手を探す必要があったが、その手間もなくイーサリアムのスマートコントラクトが全てやってくれるのです。

そもそも「スマートコントラクト」の直訳は、賢い契約という意味で、それまで人の手で面倒な取引を行っていましたが、自動化されるので両者にとって負担が減るのです。

Dappsとは

イーサリアムはスマートコントラクトの他に大き特徴があります。それはイーサリアムのブロックチェーン上に分散型アプリを載せることが出来る機能です。アプリ開発者がサーバーを用意する必要がなく、さらにGoogleやアップルなどの仲介役もいらないので、純粋な売上高をもらうことが出来ます。

イーサリアムはICOにも使われている

ICOとは仮想通貨を使った資金調達だが、最初はビットコインが採用され、世界から集められていました。しかしビットコインが徐々に取引量が多くなるにつれ、送金詰まりを起こしたため問題になりました。

次に選ばれたのがイーサリアムです。イーサリアムは独自トークンが作りやすい仕組みからICOや新しい仮想通貨を開発するのにイーサリアムのブロックチェーンが利用されることが多くなり、イーサリアムの取引が増えていったのです。

まとめ

今後もイーサリアムはDappsやICOで活躍していくのが予想できます。最近ではwavesやLISKなどイーサリアムと構想が似ている仮想通貨もありますので、どこが一番注目を集めるかは楽しみです。

ビットコインを買う場合どこで買うのがよいかを考察

体験としてビットコインを買ってみようと思ったが、取引所で買えばよいという点しかわからなかったので、ブロガーさんの記事などを参考に調べてみました。

こんなにたくさんのブロガーが仮想通貨に関する記事を書いていることにまずは驚いた。2017年はTVやお笑い芸人がやっていた影響もあったとは思うが、ネットで検索するとここまで情報が多いのかと仮想通貨の深さが見えてきた。

人気の取引所であるbitFlyerとZaifがよいとのこと。口座開設しても維持費はかからないので両方開設しようとおもう。メールアドレスとパスワードだけでアカウントが取れるのはECサイト並みに簡単である。あとは個人情報と免許証などの身分証をアップロードすればハガキが届くようなので待つことにする。

いままでニュースなどでチラっとビットコインのことを聞いていたが、いざ取引をしようとしてみると必然的に興味が湧く。これからさらに色々と調べてみようと思います。

仮想通貨について考察しました。

仮想通貨の銘柄

仮想通貨に関してリサーチしているうちに、ビットコインとは別の通貨を指し示すアルトコインに目を奪われるようになり、そちらの銘柄を持つことになり分散した投資をするのが当たり前になっています。

仮想通貨については、ニュースでも話題になるくらい人気を博しています。全くのビギナーだという場合は、社会勉強のつもりで少額のビットコインを買い求めてみるべきだと思います。将来仮想通貨に取り組むつもりなら、国内で一番大きなビットフライヤーで口座を作る方が良いのではないでしょうか?資本金及び取扱額が日本で一番の取引所ということで注目されています。

リップルコインに関しては、世界的大企業のGoogleが投資した仮想通貨ということで知られています。この他ビットコインとは異なって、創業したのが誰なのかも明らかになっています。

イーサリアムという銘柄は、いっぱい存在するアルトコインの中でも突出して有名な仮想通貨であると断言できます。時価総額はビットコインには追い付きませんが、第二位だとされています。この先仮想通貨をやり始めると言うのであれば、積極的に勉強して知識を修得するべきです。

実際に買うなら

話題沸騰中のビットコインに関心があるなら、取り敢えずはきっちり勉強することが必要です。いきなり所有するのは無謀で、何を置いても利益を得るための知識を得なければ話になりません。携帯が使える人なら、今すぐに投資にチャレンジできるというのが仮想通貨の一押しポイントです。小さな額から売買することができるため、気負わずに始められます。

仮想通貨の売買には手数料が必要です。取引所次第で徴収される手数料は違いますので、口座開設をする以前に慎重に確認しましょう。副業の一種としてビットコインを売買するとおっしゃるのであれば、思いの外下落に転じてしまってもさほど影響を受けない額からやり始める方がうまく行くでしょう。

ファーストステップとしてビットコインだったりリップル等の特色を知覚する事からスタートしましょう。GMOグループが管理と運営をしているGMOコインは、超ビギナーから仮想通貨の投資を積極的に実行している人まで、どんな人も様々に活用できる販売所だと考えます。

「何はともあれ手数料が安くなっているところ」と、安易に決めると失敗することもあります。仮想通貨を売買するのであれば、高い評価を得ている取引所と断言できるのかということも選択の目安に入れるべきです。

銀行や消費者金融の借入審査はどのような点がチェックされる?

日々の暮らしの中では思いがけないタイミングでお金の必要性に見舞われることは非常に多いものです。月末の給料日前に生活費が不足してしまったり、急に仕事上の付き合いで飲み会や接待が入りお金が必要になったり、あるいはショッピング中に思わずお気に入りのブランドものを見つけて手に入れたくなったりすることもあるでしょう。こう言った時にもしも手持ちのお金では対応できないならば、銀行や消費者金融を活用して手軽に借入契約を結ぶと便利です

これらの金融機関や金融業者の借入には様々な手法がありますが、キャッシングやカードローンなどの審査が簡単でスピーディーなものからおまとめローン、目的別ローン、不動産担保ローン、事業者ローンに至るまで、借入金額によって審査の厳密度も高まっていくこととなります。

キャッシングやカードローンならばネットや電話、店舗窓口、郵送、自動契約機などを活用して必要事項を先方に伝えると、申請内容の確認と信用情報機関への照会によって過去の借入や返済履歴に問題がなかったかをチェックされます。さらに消費者金融では総量規制により年収の三分の一を超える融資は行えませんので、他社からの借入がその上限に達していないかどうかも確認されます。

さらに勤務先にも在籍確認の電話が及び、申請者本人がそこに勤務している事実を確かめます。これらに問題がなければ、金融業者それぞれの審査基準に応じて融資の可否を判断し、なおかつ個人の収入や信用度に応じて与信の幅が決定されます。つまり幾らまでを限度額として借入できるかの金額が算出され、申請者本人に通達されるのです。

一方、おまとめローンや目的別ローン、不動産担保ローン、事業者ローンなどに及ぶと、借入金額も増えることから金融業者が利用者に求める信用度もさらに高まります。収入や信用情報、返済計画、不動産や事業に関する精査などに至るまで時間をかけて入念に行われますので、最大2週間ほどの時間を要する場合もあります。それらの時間を差し引いた上で早めに準備に着手しておくことが望ましいでしょう。

借入残高を減らすには

借入残高には元金の他にも利息が含まれているので、なかなか減らないと感じている人が多いです。金利の低い消費者金融や銀行からお金を借りるのが一番ですが、審査に通らずに金利が少し高めのカードローンを契約してしまったというケースもあります。

借入残高を早く減らすためには、利息をなるべく払わないことがポイントとなります。よってまとまったお金がある時は、一括返済を行うと良いです。人間はお金に余裕がある時に、貯金する人と使ってしまう人に分かれます。

貯金すれば将来への不安が少し減って、借入しなくて良い状況に近づきます。しかし既にお金を借りている人は、貯金よりも返済に使ってしまった方が得です。毎月決まった金額を少しずつ返済すると、毎回利息が付いてきます。一括返済ができれば1回分の利息を支払うだけなので、借入残高を少なくすることに成功します。1回の返済で借入残高を0にすることができなくても、10回返済するのと5回返済するのでは、支払う利息が2倍も異なる結果となります。

借入額が少ないと小さな差ではありますが、何十万円も借りている場合は大きな違いとなるので、ボーナスを支給されたなどお金に余裕がある時はそれを全て借金返済に使います。クレジットカードでもキャッシングを使えばお金を借りられますが、カードローンとは性質が異なっています。

クレジットカードのキャッシング機能はメインのサービスではありません。クレジットカードを使って買い物の支払いがスムーズにできるというのがメインなので、キャッシング機能に重点を置いていません。

借りることができる上限も低めで、金利は18%~20%と非常に高いので、借入残高がなかなか減らない事態に陥りやすいです。カードローンは金利を低くしていることが多いので、計画的に利用すれば生活を困窮させなくても完済しやすいです。複数のカードローンを利用している人は、一番低い金利のカードローンにまとめるのもおすすめです。

最初にしておくべき借入金利の確認

お金を借りる場合、まず気になるのは自分がいくら借りることができるのかという点です。借入の限度額を知り、これだけ借りることができると知った場合、最初にしておくべきことは借入金利の確認です。

銀行系のカードローンや大手消費者金融のカードローン、そして、ノーバンク系のカードローンなどでは借入金利に違いが見られます。銀行系の場合には借入金利が低く設定されており、大手消費者金融に比べれば数%の違いが見られます。年間にして数%違うというのは長期的な返済を想定している場合には大きな違いとなり、最終的には10万円以上の返済額の違いとなっていきます。

大手消費者金融と中小の消費者金融でも違いが多少見られます。法律で決められている限度の借入金利に設定してあるところもあれば、経営努力を重ね、少しでも借入金利を低く設定しているところもあります。

お金を借りることになった場合、借入金利の設定は重要であり、ちょっとの違いで毎月の返済額は変わっていきます。同じ50万円の借入でも、別のところでは最低返済額が2万円なのに、別のところではそれ以下で返しても大丈夫ということがたびたび見られます。そういう点で考えれば銀行系のカードローンはとてもお得に利用することができますが、気をつけておきたいこととしては多少審査が厳しい点にあります。例えば、働き始めて間もない人などは場合によって審査が下りない可能性も考えられます。

どうしてもその日のうちに借りたい場合、何度もチャレンジするうちに、他の金融機関ならスムーズに借りることができたのに結果として何度も審査で落ちてしまい、その後はどこでも借りられないという可能性も十分に考えられます。借入金利を確認することと、その審査基準がどうなっているのかも合わせて確認することが求められます。そして、どれだけの期間、お金を借りるのかについても事前に計画をしておくことも大事になっていきます。

キャッシングは余裕のある時に一括で返済出来る

お金が足りない時に、人に借りたのなら、一括で返済するのが多いでしょう。しかし、どうしても都合で、無理に頼めば、分割で返済する人も居ると思います。一括と分割ならば、分割払いの方がとても楽に返済出来るから、出来れば分割で返済願いたいものです。

キャッシングの業者では、そんな分割払いが主流の返済を扱っています。大きなお金を借りたとしても、返済するのは、分割払いなので、とても楽に返済できます。しかし、この分割払いにする理由は、利息が掛かっているので引き伸ばして、利息を多く得ようとしている理由もあるでしょう。

利息は日数分に対して掛かるものなので、一括払いよりは、分割払いの方が、長く利息を受け取れると言うシステムなのです。それで、企業側はお得に成るわけです。借りる方が一括よりは分割払いの方が楽にはなりますが、しかし、利息分が多く払い続けないといけないので、お金の面では損になります。

それで、分割払いの返済で契約をしますが、もしもお金に余裕がある時があったのなら、一括で返済しても良いでしょう。一気に返済する事で、利息もぐんっと減りますから、一気に返してしんどいでしょうが、利息のお金の面では得になります。

例えば、臨時収入や、ボーナスが入った時、お年玉や、お祝い金など、少しでも、手元に余分なお金を手にしたのなら、ちょっとでも返済の方に回すと、利息が減るでしょう。臨時収入が入ったら、ぱーぱーっと使ってしまいたい気持ちを抑えて、返済に使うことで、後々、トータル的にお得になるのです。そして、その一気に一括で払ったり、少しだけ多く払ったりするのは、何も約定返済日に合わさなくっても、いつでも返済して良いのです。

お金が入ったその日に返済した方が利息は一日ごとに増えて行きますので、早ければ早いほうがお得なのです。返済は、何も多めに返済したいっとか企業へ事前連絡は不要です。カードを持っていれば、カードを使って返済したり、企業の口座へ振り込みしたりして、勝手にいつでも返済して良いものなのです。利息を減らしたいのなら、余裕のある時に一括返済がお得です。

審査があまくて借りやすいキャッシング業者

お金を人に借りるのなら、信頼出来る長年の友人や、親や仲が良い兄弟ならば、気軽に貸してくれる事でしょう。それは、信頼関係が出来ているから貸してくれるのだと思います。でももしも、その仲が良くて信頼している人たちがお金が無い場合は貸してくれないでしょう。

そして、周囲の人々で、普通に仲が良いけれど、ただの知り合いだったり、そう深くまで知らない人や。会社の上司や、部下や、同僚にお金を貸して欲しいと言いにくいと思います。それは、表面上は、信頼関係が出来ていても、お金を貸すほどに親密ではないだろうし、お金を貸して欲しいと頼むことは、社会的なステイタスが下がるからです。

 相手から、お金が無い人だと思われて、今後の対応が変わるから出来れば避けておいた方が身のためでしょう。このようにお金を借りるのには、何処に行っても、誰に対しても、信頼して貰う事が先決なのです。信頼しているからお金を貸してあげる事が出来るのです。

それはきちんと返済してくれる信頼出来る人だと言う証明があれば良いのです。しかし、お金が無い時に、信頼してくれと言うのもつじつまが合わないものです。お金がある人は信頼され、お金の無い人は信頼されないのは世の中の一般的な考えなのです。

それでは、キャッシング業者にお金を借りるのに、お金が無いとか、収入が低いなどでは、審査が通りにくいと思います。そんな時には審査が甘くて、借り易い業者を探すと良いでしょう。その審査が甘い業者と言うのは、お金を貸すことを専業としている業者が良いでしょう。例えば、消費者金融業などの、賃金業者です。消費者金融業は、融資のみで営業活動をしている会社なので、お金を貸すことを喜んで引き受けてくれます。それで、自然と審査も他社の金融業よりは、甘くなりがちになるのです。たくさんの人にお金を貸すことをモットーにしている消費者金融業は、困った時の味方になってくれます。とても借り易いキャッシング業者だと言えると思います。