ビットコイン購入はZaifにしました!マイナス手数料は魅力的

なぜZaifでビットコイン購入を決めたのかというと、上の画像通りの「マイナス手数料」が決めてである。こんなサービスを行っているのは国内外でもなかなか無いし、どう考えても他の取引所よりお得である。ビットコインFXであれば取引量が多いbitFlyerを使うべきだろうが、現物取引ではZaifを選択すべきです。

全てが板で取引できる

Zaifは販売所の機能もあるが、基本的には取引所の板を使った方が手数料が安く済むのである。ユーザー同士で取引できる「板」ははじめ使い方が難しく感じる方も少なくないだろう。自分で細かい注文を出すため、初心者にはわかりにくい。購入したい価格を入力し、数量を入れて注文を出す。まさにオークションのようなシステムに似ている。売りたい人と買いたい人の価格をマッチングさせて、売買が成立している。または価格は気にしないから安い価格から順番に欲しい数量をすぐ買えるという「成り行き注文」という方法もある。希望の価格で買いたい場合は多くのユーザーが使う「指値注文」という方法。

取扱い仮想通貨が多い

Zaifは主要通貨は5種類と少なめだが、トークンというものも売買が可能である。Zaifトークンをはじめとし9種類のトークンを取り扱っているため投資の幅が広がるメリットがある。1点集中で投資も個人的には悪くないと考えているが、リスク分散のためには分散型投資はしておきたいところです。Zaifトークンは運営元のテックビューロ株式会社が開発したトークンであり、ICOのために用意したCOMSAトークンと交換できる仕様だ。

まとめ

ビットコイン購入するだけで大分調べてしまった。というのも仮想通貨にどっぷりハマってしまったからである。好きになると調べるのも苦ではなく、むしろテンションが上がって楽しい。ビットコインを買うならZaif!となった理由として一番参考になった仮想通貨ドリームさんの”ビットコイン買うならどこ?ビットコインを1,000円から買える最大手はココだ”の記事がとてもよくまとまってました。記事の内容にあるように初心者はbitFlyerでも問題はないです。私も実際に使ってみて、これはいいアプリ設計をしてるな思ったし、シンプルな作りが初心者に向いていると感じました。PC操作が少しでも得意な方はZaifからはじめても問題はないでしょう。多少、買い方などは勉強する必要はありますが1時間も触っていれば理解できる程度なので使って欲しい取引所です。

ビットコインを買う場合どこで買うのがよいかを考察

体験としてビットコインを買ってみようと思ったが、取引所で買えばよいという点しかわからなかったので、ブロガーさんの記事などを参考に調べてみました。

こんなにたくさんのブロガーが仮想通貨に関する記事を書いていることにまずは驚いた。2017年はTVやお笑い芸人がやっていた影響もあったとは思うが、ネットで検索するとここまで情報が多いのかと仮想通貨の深さが見えてきた。

人気の取引所であるbitFlyerとZaifがよいとのこと。口座開設しても維持費はかからないので両方開設しようとおもう。メールアドレスとパスワードだけでアカウントが取れるのはECサイト並みに簡単である。あとは個人情報と免許証などの身分証をアップロードすればハガキが届くようなので待つことにする。

いままでニュースなどでチラっとビットコインのことを聞いていたが、いざ取引をしようとしてみると必然的に興味が湧く。これからさらに色々と調べてみようと思います。