ビットコインキャッシュについて

ビットコイン投資を強く考えていたが、銘柄を調べていくうちに「ビットコインキャッシュ」なる仮想通貨があることを知りました。今回はビットコインキャッシュについて詳しく調べたことをメモ代わりにまとめましたので参考にしてください。

ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂した仮想通貨です。大きな違いはブロックサイズで、ビットコインの約8倍の8MBの容量があり、さらに32MBまで拡張もできる。2017年のビットコインは取引量は膨大になりパンク寸前で、送金づまりを起こしました。

この送金詰まりを解消しようとして「ビットコインをアップデートしたい派」と「ハードフォークして問題を解消する新たなビットコインを作る派」の2つに意見が別れました。結果として2017年8月1日にビットコインキャッシュが誕生したのです。

ビットコインはsegwitという容量を増やす手段を取りましたが1MBが約1.7MBに増えるだけのものであり、利用率も1割り程度と低いのが現状です。

引用:BCH公式サイト

開発元は複数のチームが存在し、主なチームはBitcoin.ABCが行っています。開発者まで分散型というのは好印象です。

ビットコイン保持者は棚ぼただった?

ビットコインキャッシュが誕生したときに、ビットコイン保持者に対して同数のビットコインキャッシュが配布されるという事が起きました。上場後は10万円近くの価格が付き、強い売りが入り価格は3万円前後まで下落しましたが、仮想通貨全体が盛り上がった2017年11月からは上昇気流に乗り、40万円という最高価格を記録しました。2018年3月では約10万円前後の価格を推移しており、アルトコインとしてはビットコイン価格の次に、高価な仮想通貨として支持を得ています。

ビットコインキャッシュのメリット

ビットコインキャッシュはイーサリアムのように契約は記録できません。しかし、決済手段として世界で使われる仮想通貨を目指し各地でミートアップを行っています。最近ではHandcashというアプリを第三者が開発しており、スマートフォンで簡単にビットコインキャッシュの取引が出来たり、SMSでもビットコインキャッシュが送金できたり、アジアやアフリカなどの発展途上国をターゲットにしている。

最大のメリットは送金手数料が安いということです。ビットコインキャッシュは、リップルやモナコイン同様に送金手数料は安く、1円以下の手数料で国際送金が行えます。今後もビットコインキャッシュのコミュニティや発表は気にしていくべきであり、投資対象としても常に考えていくべきです。

イーサリアムという仮想通貨について考察

チャートはZaifから引用

イーサリアムとは

イーサリアムという仮想通貨について勉強してみました。イーサリアムは決済手段だけではなくスマートコントラクトとういう興味深いプログラムが組み込まれています。イーサリアムはブロックチェーン上に取引記録だけではなく契約情報を記録して実行まで可能な機能があります。

「お金を貸して1年後に返す」のような契約情報もブロックチェーンに記録することにより不正がなくなり、これまで信頼できる相手を探す必要があったが、その手間もなくイーサリアムのスマートコントラクトが全てやってくれるのです。

そもそも「スマートコントラクト」の直訳は、賢い契約という意味で、それまで人の手で面倒な取引を行っていましたが、自動化されるので両者にとって負担が減るのです。

Dappsとは

イーサリアムはスマートコントラクトの他に大き特徴があります。それはイーサリアムのブロックチェーン上に分散型アプリを載せることが出来る機能です。アプリ開発者がサーバーを用意する必要がなく、さらにGoogleやアップルなどの仲介役もいらないので、純粋な売上高をもらうことが出来ます。

イーサリアムはICOにも使われている

ICOとは仮想通貨を使った資金調達だが、最初はビットコインが採用され、世界から集められていました。しかしビットコインが徐々に取引量が多くなるにつれ、送金詰まりを起こしたため問題になりました。

次に選ばれたのがイーサリアムです。イーサリアムは独自トークンが作りやすい仕組みからICOや新しい仮想通貨を開発するのにイーサリアムのブロックチェーンが利用されることが多くなり、イーサリアムの取引が増えていったのです。

まとめ

今後もイーサリアムはDappsやICOで活躍していくのが予想できます。最近ではwavesやLISKなどイーサリアムと構想が似ている仮想通貨もありますので、どこが一番注目を集めるかは楽しみです。

仮想通貨について考察しました。

仮想通貨の銘柄

仮想通貨に関してリサーチしているうちに、ビットコインとは別の通貨を指し示すアルトコインに目を奪われるようになり、そちらの銘柄を持つことになり分散した投資をするのが当たり前になっています。

仮想通貨については、ニュースでも話題になるくらい人気を博しています。全くのビギナーだという場合は、社会勉強のつもりで少額のビットコインを買い求めてみるべきだと思います。将来仮想通貨に取り組むつもりなら、国内で一番大きなビットフライヤーで口座を作る方が良いのではないでしょうか?資本金及び取扱額が日本で一番の取引所ということで注目されています。

リップルコインに関しては、世界的大企業のGoogleが投資した仮想通貨ということで知られています。この他ビットコインとは異なって、創業したのが誰なのかも明らかになっています。

イーサリアムという銘柄は、いっぱい存在するアルトコインの中でも突出して有名な仮想通貨であると断言できます。時価総額はビットコインには追い付きませんが、第二位だとされています。この先仮想通貨をやり始めると言うのであれば、積極的に勉強して知識を修得するべきです。

実際に買うなら

話題沸騰中のビットコインに関心があるなら、取り敢えずはきっちり勉強することが必要です。いきなり所有するのは無謀で、何を置いても利益を得るための知識を得なければ話になりません。携帯が使える人なら、今すぐに投資にチャレンジできるというのが仮想通貨の一押しポイントです。小さな額から売買することができるため、気負わずに始められます。

仮想通貨の売買には手数料が必要です。取引所次第で徴収される手数料は違いますので、口座開設をする以前に慎重に確認しましょう。副業の一種としてビットコインを売買するとおっしゃるのであれば、思いの外下落に転じてしまってもさほど影響を受けない額からやり始める方がうまく行くでしょう。

ファーストステップとしてビットコインだったりリップル等の特色を知覚する事からスタートしましょう。GMOグループが管理と運営をしているGMOコインは、超ビギナーから仮想通貨の投資を積極的に実行している人まで、どんな人も様々に活用できる販売所だと考えます。

「何はともあれ手数料が安くなっているところ」と、安易に決めると失敗することもあります。仮想通貨を売買するのであれば、高い評価を得ている取引所と断言できるのかということも選択の目安に入れるべきです。